BBQの必需品クーラーボックスを選び使いこなす

クーラーボックスと冷蔵庫の違いは??

近年ハードタイプのクーラーボックスに混ざってソフトタイプの数の方が増えています。販売価格も安いですし、本格的なものは、ガスを使って冷やす冷蔵庫も売っています。BBQでは軽量な方がいいので、ソフトタイプがいいでしょう!!

ソフトクーラー。

軽くて持ち運びしやすく、未使用時には折りたたんでコンパクトにできます。
ハードクーラーに比べて保冷力は落ちますが、氷や保冷剤を追加すれば保冷力を長く保てます。
クーラーボックスはアウトドアにおける冷蔵庫。氷や保冷剤を入れて食品を低温に保ちます。
保冷力の高いハードクーラーと携帯性に優れたソフトクーラーがあり、組み合わせて使用するとさらに便利。
たとえば、ハードクーラーに生鮮品や飲み物などよ

Photo Credit: coleman

Photo Credit: coleman

保冷力で選ぶならハードクーラー。
ポリエチレンボディで壁の中には発泡ウレタンの断熱材が入っています。
断熱材が厚く、密閉性があるほど保冷力は増します。
大きめのクーラーボックスを用意し、あれもこれもと食材や飲み物を詰めると、当然クーラーはずっしりと重くなります。
そうなると、自宅から駐車場まで運ぶだけでもひと苦労。持ち運びを考えるなら、メインで使うハードクーラーには、ホイールの付いたクーラーボックスが移動しやすくおすすめ。
さらにハンドル部分が伸びるものなら、キャリーバッグのように片手での持ち運びが可能です。

こちらはキャンプやアウトドアにおススメですね!!

おしゃれクーラーボックスでバーベキューやキャンプへ出かけよう!

アウトドアシーズン到来!アウトドアに欠かせないクーラーボックスですが、おしゃれなものがたくさんあるのを知っていますか?

今回はバーベキューやキャンプに行きたくなる、おしゃれクーラーボックスです!

Photo Credit: weboo

結局1番BBQに適してるのはこれだ!!

Photo Credit: rakuten

やはり用途に応じて選ぶのがベストです。人数のもよりますが、ソフトクーラ―ボックスは現地などで買い物するとか、野菜やお肉を入れるには適しています。
帰りも小さくたたんで帰れますし、楽ちんです。ただ難点は6時間くらいしか持たないので保冷材など入れても限界があります。車じゃなくて電車なので来る方には軽くていいと思いますが、飲み物など入れてしまうと、底が破けてしまう可能性があるので、気をつけましょう!!

ハードタイプは、車などで来る方には、飲み物も野菜もお肉も、大きい食材なども入るので、BBQばどでは1日持つ感じです。電車の方は重たくて大変かもしれません。
人数も多い時は使いやすいと思います。あとはいろんなものを重ねられるもの選ぶのがいいと思います。

1泊2日などの時は中の保冷材や氷など使えば食材も次の日まで持ちますし、いろいろな料理が楽しめるでしょう。

用途に応じてBBQなのか?キャンプなのかアウトドアで使うのかを考えて購入するのがいいでしょう。
是非考えながら用意して下さいね。楽しいアウトドアを楽しんでくださいね。

 
▼この記事のライター情報

name : monobe ♀
comment : バーベキューやキャンプなどのレシピ記事だけじゃなく、ファッション関連の記事も書くライターです。特技は実はファッションコーディネートだったりします。個人でキッズ・レディース・メンズファッションのコーディネートも承っているのでよろしくデス。


こんな記事も人気です。