アウトドア朝食にワンプレートガパオライス

アウトドアの朝食はこれ一品で勝負できてしまうしっかりバランスのとれたガパオライスのご紹介です!ごはんにお肉と野菜、目玉焼きの乗ったタイの定番料理を朝食にどうぞ!

Photo Credit: norecipes

香りはワイルドな爽快感とともに、スパイシーさもあわせ持つ独特のホーリーバジルを使ったガパオライスは今や日本の若者には定番の料理になりつつありますよね。タイ料理の中ではパクチーが苦手な方も多いですが、バジルの一種なので食べやすいのでないでしょうか。
ガパオライスにサラダを添えれば栄養バランス抜群の見た目も華やかなワンプレートに仕上がるので、アウトドアで早起きした朝にはぴったりなのではないでしょうか♪
お子さんがいる方のために今回は唐辛子を控えましたがお好みで入れて大人の味に仕上げてみてもいいですね!

必要な材料(4人前)

  • 鶏ひき肉(500g)
  • 玉ねぎ (1/2個)
  • 赤ピーマン(1個)
  • 青ピーマン(1個)
  • バジル(生の葉)(40g)
  • ニンニク(2片)
  • サラダ油(大さじ2)
  • 卵(4個)
  • <炒め調味料>
  • オイスターソース(大1)
  • ナンプラー(大2)
  • 醤油(小4)
  • 砂糖(大1)

材料コメント

本場タイのガパオの鶏肉は固まりのお肉を包丁でたたいてミンチにしますが、アウトドアでの朝ご飯は鶏ひき肉を使って手間なく仕上げていきましょう!さらに油を多く使い、その中で炒めるような本場のレシピより少なめの油で作るので朝に優しい朝食になります。もし、サラダ油が気になるようであればゴマ油などもおすすめです。
辛味はお好みで唐辛子を熱した油にニンニクを入れ香りを出す際に一緒に入れてくださいね。

スポンサーリンク

作り方

  1. にんにくは皮と芯を除きみじん切り。ピーマンはヘタと種を除き1cmの角切り。玉ねぎも1cm角に切っておく。バジルの葉は葉のみを摘みんでおく。
  2. フライパンにサラダ油を熱しにんにくを入れ香りが出るまで炒めたら鶏挽き肉を加え、混ぜなそぼろ状になるまで炒める 。
  3. 2にしっかりと熱が入り色が変わったらパプリカと玉ねぎを加え、ナンプラー・オイスターソース・醤油・砂糖を加え、汁気がなくなるまで火を通しバジルの葉を2~3cm位にちぎりながら加えてさっと炒める。
  4. (目玉焼きを作る)フライパンにサラダ油を熱し、卵を割り入れる。水を入れてフタをし蒸し焼きにする。
  5. 皿にご飯を盛り、炒めた鶏ひき肉をかけ、目玉焼きをのせたら完成

ワンポイントアドバイス

簡単だけどカラフルなピーマンを使えば盛り付けもぐんとおしゃれに!!目玉焼きがあればさらにテンション上がりますね^^
日本のお米ももちもちしていて美味しいですがタイ米もやはり本場の味に近づけるのにおすすめ!タイ米を炊くときは日本米より水量を2~3割増やして炊いてくださいね。

▼この記事のライター情報

name : ばべこ(ニックネーム) ♀
comment : BBQこと、『ばべこ』です!料理の修業を経て食に関するライター、レシピ開発をしています♪自然と食べることが大好きな私は、同時に楽しめるBBQの深みにハマり中です。森や川で過ごす時間は最高です。川のせせらぎ、木がそよぐ音、優しい陽射し。どれも心地よく包み込んでくれるような自然に感謝。その中でいただくお料理は、格別!!素材に感謝し今日も美味しくいただきまーす!!


こんな記事も人気です。