あると便利!!ダッチオーブンを選ぶポイント

ダッチオーブンとは

分厚い金属製の蓋つき鍋のうち、蓋に炭火を載せられるようにしたものの名称とされているようです。

ダッチオーブンは、鍋に厚みがあり、温度変化が少なく鍋全体が均一の温度に保たれ、食材にじっくりと火が通るのが特徴です。
蓋の炭を載せることにより、上下からの加熱が可能となり、オーブンとして機能します。

大体のダッチオーブンは 6 (15) / 8 (20) / 10 (25) / 12 (30) インチ(センチ)の大きさとしての種類があります。

※キャンプオーブン”、“キッチンオーブン”、鋳鉄以外の扱いやすい素材で作ったダッチオーブン、魚焼きグリルで使えるものなど、多種多様のダッチオーブンが現在販売されています。

そんなたくさんのダッチオーブンの中から自分にぴったりの鍋を選ぶ。
自分のこだわりポイントにあったダッチオーブンを選んでみてくださいね。
今回のメーカーはロッジロジックという伝統の質感とたたづまいが魅力です。
短所もありメンテナンスの注意点もあります。重さ、さびやすい、洗剤は使わない、割れやすい。
長所は均一に加熱されて時間短縮で料理が作れる。
使いやすさは間違いましです。

Photo Credit: cafy

Photo Credit: amazon

※ロッジのスキレット10 1/4インチです。

スキレットの魅力

※スキレットは、ダッチオーブンと同じように鋳鉄で出来たフライパン。
ダッチオーブンを浅くして、持ち手をつけたタイプです。
底が浅いので、焼きものや炒めものが得意。
…ということは…時間をかけずにさっと作れる家庭料理が得意ということで、つまり、普段使いのダッチオーブンにはピッタリなんですね!
もちろん鋳鉄なので蓄熱性が高くて、素材の旨みを芯から引き出します。
炒め物などに適しています。お好みですけどね~

やはりダッチオーブンは上からも下からも温めることが可能な便利お鍋。

Photo Credit: topicks

やはり普通のお鍋をは違い時間短縮で料理ができることが1番の特徴です。
BBQなどでは調理時間が短い方がいいですよね。1度ダッチオーブンを使うと冷めづらいし、火の通りも早い。もっと早めに料理したい場合は、蓋の上に木炭を置いて下からも火を通すと、もっと短時間で料理が出来ます。

メーカーやメンテナンスの仕方に多少めんどくさは、普通のお鍋より大変ですが、BBQやキャンプンなどでいろんなものに使えるので、1個あるととても便利です。
人数や行くメンバーに合わせて大きさも選ぶといいでしょう。是非ダッチオーブンレシピも沢山あるので参考にしてくださいね!!

 
▼この記事のライター情報

name : monobe ♀
comment : バーベキューやキャンプなどのレシピ記事だけじゃなく、ファッション関連の記事も書くライターです。特技は実はファッションコーディネートだったりします。個人でキッズ・レディース・メンズファッションのコーディネートも承っているのでよろしくデス。


こんな記事も人気です。