バーベキューで失敗知らずのファッション選び。

見た目だけじゃNG!機能性も考慮したモテファッションがポイント♪

最近では、男女の距離が縮まりやすいということで、バーベキュー合コンやバーベキューお見合いなどなど、男女の出会いの場としても注目を集める『そとごはん。』

いったい男子は、どんな風に女子をみているんだろうか?そんな男子目線を、ファッションや当日の行動にも活かせると、きっと素敵な出会いをつかみ取れるかもしれませんね^^

と、いうことで男子目線を踏まえてバーベキューシーンでのNGファッションとおすすめファッションポイントをご紹介してみたいと思います。
どうやら、見た目重視で目立つだけでは、ダメみたい。十分に女子力を発揮出来るファッションが大切みたいです。

Photo Credit:millesoffashion

要注意!勘違いしやすいNGファッションアイテム

以下はよくあるNG例。ほんとによく見かけるので、みなさん気を付けましょう♪

NG!露出の多い服

真夏は、確かに露出の多い服装が、バーベキュー場で目立ちます。でも、やっぱり限度と言うものはありますよね^^;露出の多い服装は、一見男子の目を引く可能性は確かにありそうですが、今回はあくまでアウトドアのバーベキュー場であることをお忘れなく。少しでもアウトドアに興味ある男子は、こんな見方をするそうです。

『あんな格好で、荷物を運んだり、調理をしたり、出来るんかね。それに、ころんだら危ないのに分かってないな~』
『確実に、あの子は手伝う気、ないな。。。お客さま気分は困るよな~』

なるほど、確かに、アウトドアにはアウトドア向きなファッションで望むべし!街中ではフィットしても、バーベキュー場で浮いちゃったら、勘違いおしゃれになっちゃいますもんね。あっ、それと、蚊にも要注意です。特に、水辺が近くにあるバーベキュー場は結構刺されますよ~。

NG!スカート

ミニスカート、ロングスカート、タイトスカートなどなど、いろいろなタイプがありますが、周りからは全く動く気がないようにみられてしまうのでNGです。フレアースカートも普段ならいいですがバーベキュー場では避けましょう。

NG!レースやシフォン系のトップス

透け感のある素材は、真夏などでは涼しいイメージで良い感じはしますが、アウトドアの服装ではありませんよね^^。レースなども程度によりますが、やっぱり、基本は汚れてもあまり気にならない動きやすい服装が最も適していると思います。

NG!ひらひらしたロング、ショートワンピース

ひらひらロングワンピースは、やはり足場の悪い場所には適さないですよね。何をするんでも足周りが危ない服装はNGです。スカートの裾を踏んでしまったり、汚れてしまったりと、せっかくのスカートが台無しになります。普段、街中で思う存分着てください。
ショートワンピースは最初っからバーベキューでいろんなお手伝いをする気がないんだ~と感じられてしまいます。見てるだけ、食べるだけの子は、周りの人に良い印象をあたえません。なんでお手伝い出来るような身軽な服装の方が、バーベキューでは好かれますよ。

NG!無駄に多めのアクセサリー

男子の参加も多いバーベキューだと、みんなに見られるからと過剰にアクセサリーを身に着けていると、足場の悪い場所でピアスを落としてしまったり、洗い物をしていて大事な指輪が外れてなくなってしまったなど、会場にいってから後悔することが多いと思います。だからといってそこで外してなくしてしまっては意味がありません。最初から少なめにしていった方が無難ですよね。

NG!素足にサンダル

素足にサンダル。これは夏の定番だと思います。普段は素敵なアイテムですが、サンダルにもいろんな種類があると思います。ビーチサンダルなども
海辺でバーベキューなどするときは良いのかも知れませんが、通常バーベキュー場などでは石などの障害物も多く、足を挫きかねません。事故にならないような履物がBestです。靴下なども履いたほうが安全だと思います。

NG!パンプス

たまに見かけるバーベキュー場のパンプス女子。何センチのパンプスならありなの?そんな方もいるかもしれません。ですが、パンプスって、足場の悪い場所、階段が多い場所、長時間屋外にいる場合には適さない靴の定番です。結果、周りが大迷惑!なんてことにも。
お買い物に行くとか、ちょっとしたところに遊びに行くときには良いと思いますが、アウトドアシーンではやめるべきです。

スポンサーリンク

バーベキューファッションは、こうやって決めよう♪

NG例のお次は、どんな点に注意して、ファッションを考えればよいかというポイントをいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

夏は白色以外のTシャツがおすすめ

白は爽やかでかっこいい。でも実際汚れてしまうと目立ってしまう色。できれば色が濃いものを選ぶのがいいでしょう。
何かと動く場所では汚れの目立たないものが一番です。ちなみに真夏は汗じみなんかも気になりますよね。汗じみが目立たないのは、黒や柄物なんだそうです。ちなみに最も汗じみが目立つのは、グレーなんだそうですよ。

春・秋は、温度調節ができるようにパーカーやカーディガンを用意

天候や温度などで変化するので1枚羽織物があると便利です。薄手でかまいません。春・秋は、朝と夕方の気温差があるので、楽しい外遊びで風邪など引いてしまっては台無しです。パーカーやカーディガンなど便利アイテムをおすすめします。

トップスは、動きやすい素材をチョイス

シャツなどに多く見られる綿素材よりも、ストレッチ入りの服装がとても便利です。例えば、ポリウレタンやポリエステル素材だと少し汚れてしまったなんて時に、すぐ水で洗えばおちますよね。乾くのも早いし、シワにならない。そんな特徴があります。チュニックなどでよくそういう素材が使われています。軽い素材なので着やすいですよ。

ボトムはデニム、ハーフパンツ(白以外)がおすすめ

ボトムは絶対に動きやすいものを選びましょう。おすすめは、素材ストレッチが入ってるもの。タイトでストレッチが効いたおしゃれパンツなんていかがでしょう^^。

歩きやすい靴(スニーカー、ペタンコくつなど)

やはり足場の悪いとことでは足を守ってくれる靴がBestだと思います。スニーカーなら汚れてもいいし、みなさんの家に一足はあるアイテムだと思います。ペタンコシューズも、けして厚底とかではなく、程よく歩きやすいシューズが良いと思います。服装に応じて似合うシューズを家で探してみてくださいね。

バックは肩かけタイプかリュックなど(トートなどだと下に荷物が置けないので、汚れてしまう。)

1番いい沢山ものが入るバックといえばトートバックだと思います。でもバーベキュー場などでは地面がきれいではないので、下にバックが置けないなんて可能性ありますよね。そんな時、肩かけバックだと自分の身から離れることもないので安心。リュックは更にアウトドア向き。両手も使えるし、布のリュックでなければテーブルの上、床にも置けるし大量に荷物が入る。この2種類はアウトドアにはばっちりです。

髪の毛がロングの方は小物のバレッタか髪を束ねられるもの。

髪の毛が長いというのは、女性らしくて良いのですが、料理や片付けの際など、動くときには邪魔なもの。そんな時に普段使ってるバレッタやヘアーゴムなどで束ねると、清潔感もあり良いと思います。気温によっては、そのまま髪の毛をさげているとベタベタしてしまうので、束ねる方がBestです。

まとめ

以上、いかがですか?バーベキュー場などのアウトドアシーンでの服装選びは、動きやすいものを選んだほうが、浮いてしまったりせず、周りにも変な気を使わせる心配もないので、喜ばれるはずです。

ヒールなんて履いてたら、周りの男子目線では『この人手伝う気全くないな』と思われてしまいます。(その前に足首グキって可能性も高いのでご注意を)。外ごはんで重要なのは、見た目重視の服装ではありません。化粧も無駄に濃くしていると化粧直しする場所もないので、逆効果になることも。

UVケアーは必要なので紫外線防止のものを持っていくのは良いと思います。(ちなみにSP50は肌にあまりよくありません。できればSP25)がBest。
また、虫よけスプレーやウェットティッシュなど持っていると喜ばれます。持ち物も重要です。

こんな具合に、カジュアルな服装で動きやすく、気が利く女子を目指してアウトドアファッションをセレクトしましょう。

▼この記事のライター情報

name : monobe ♀
comment : バーベキューやキャンプなどのレシピ記事だけじゃなく、ファッション関連の記事も書くライターです。特技は実はファッションコーディネートだったりします。個人でキッズ・レディース・メンズファッションのコーディネートも承っているのでよろしくデス。


こんな記事も人気です。