でっかいお肉の塊は、ダッチオーブンで失敗知らず!

バーベキューといえばお肉。特に、でっかいお肉の塊を豪快に焼いて食べたいなんて一度は思ったことありますよね?

Photo Credit:makaroni

でも分厚いお肉って、網で焼いただけではなかなか火が通らず、火が通るころには表面がまっくろ焦げに^^; なんてことが多いです。
そんな時は、アルミホイルで包んでみたり、今回ご紹介するダッチオーブンを使うことで、うまく焼くことが出来るので、ぜひ失敗しない分厚いお肉の焼き方、チャレンジしてみてくださいね。

では、今回は、みなさん知っているようで知らない、きちんと中まで火が通るお肉の焼き方、ダッチオーブン編をご紹介したいと思います。

必要な材料(4人前)

  • 牛肉のかたまり(最大1.0~1.5キロ)※これ以上だと通常のダッチオーブンに収まらない可能性大。
  • 塩コショウ(適量)or クレイジーソルト(適量)

材料コメント

味付けは簡単。塩コショウ or クレイジーソルトだけでシンプルですが、美味しく出来ます^^。単純ですが、単純な調味料だからこそ、素材の味を殺さず引き出してくれます。もちろんステーキソースや焼肉のたれが好きな方もいるだろうけど、今回はシンプルに行こうと思います^^。

せっかくのバーベキュー、たまには豪華に肉の丸焼きに挑戦!だれもが一度は考える豪快レシピ。今回はダッチオーブンを使った簡単な手順をご紹介するので、アウトドアレシピのメインディッシュに是非活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

作り方

基本的な作り方をご紹介します。なれてきたらどんどん自分流にアレンジしてみよう!

  1. ダッチオーブンの下にアルミホイルを丸めて引き詰める。(焦げ付き防止)
  2. お肉に、塩・胡椒等の調味料を全体にまんべんなく振りかけたら下準備OK!
  3. 1度バーベキューの網でお肉の表面をしっかり焼いてからダッチオーブンにいれます。
    ※表面を焼くことで、旨味を逃がさず閉じ込める効果があります。
  4. ダッチオーブンを弱火に掛ける。(目安は30~40分くらい)
  5. ポイントは、途中で絶対にフタを開けない事!(がまんがまん)
    一気に熱が逃げ出してしまいます。
  6. 約30分したら、火からダッチオーブンをおろし、さらに10分程度、余熱で蒸します。
  7. 火傷をしないように耐熱グローブや厚手の布などを利用しフタを開けましょう
  8. あとは、そのままお皿に盛りつけ、そのインパクトを目で堪能しつつ、切り分けながらみんなでワイワイ楽しく食べよう♪

ワンポイントアドバイス

今回はアウトドアシーンで大活躍のダッチオーブンを使い、蒸すことで失敗はなくしっかりと火を通す調理方法をご紹介しました。ちなみに今回は、焦げ付き防止でアルミホイルを使用しましたが、代わりに、玉ねぎやジャガイモなどを、皮つきのまま、ダッチオーブンに底に敷き詰める方法も是非お試しあれ!玉ねぎは、信じられないくらい甘くて美味しくなりますよ~^^

まるごと焼いたお肉の塊は、そのまま食べるもよし。パンなどに挟んで食べるのもおしゃれ感が増しますよね~♪。いつもと違うまるごとお肉のかたまりでテンションアップのバーベキュー!ぜひお試しあれ♪

▼この記事のライター情報

name : monobe ♀
comment : バーベキューやキャンプなどのレシピ記事だけじゃなく、ファッション関連の記事も書くライターです。特技は実はファッションコーディネートだったりします。個人でキッズ・レディース・メンズファッションのコーディネートも承っているのでよろしくデス。


こんな記事も人気です。