パエリアの素とダッチオーブンでBBQ簡単パエリアレシピ

パエリアと聞くと見た目もおしゃれだし、そとごはんで作ってみたくなりますよね。でも、サフランを用意したり、なにかと手間の掛かるイメージがあります。それがバーべーキューで簡単にできたらうれしいですよね。

Photo Credit:ぐるなび

今回は、スーパーで普通に見かけるようになった『パエリアの素』っていうもの使って、いとも簡単に出来るパエリアをご紹介します。ダッチオーブンを使い、生の米からではなく真空パックのご飯を用意し、とにかく簡単さを重視したレシピです。

必要な材料(4人前)

  • パエリアの素(1袋)
    例えば、オーマイからごちそうパエリアの素というものが発売されています。ほかにも種類があるのでメーカーは気にしないでね。
  • 鶏肉(300g)
  • 真空パックのレトルトごはん(3人数分)
    ※スープを吸い込んで量が増すので今回ごはんは3人前です。
  • パプリカ(1個)
  • 冷凍エビ (適量)
  • 冷凍ムール貝 (適量)
  • 塩コショウ (適量)

材料コメント

パエリアの素は最初から味付けができているので、かけるだけ。海鮮も冷凍を使えば生のように下ごしらえをしなくていいので簡単です。ご飯も真空パックのものを使えば温めるだけ。あとは鶏肉を切るだけですが、これもまたスーパーに、最初から切ってあるものが売っているのでそちらを活用しよう!
ダッチオーブン1個で簡単パエリアです。

スポンサーリンク

作り方

  1. ダッチオーブンに水を入れ沸騰したら真空パックのご飯を2分くらい温める。
    ※湯銭せず、そのままでも作れます。
  2. ごはんが用意出来たら、ダッチオーブンにごはんと、パエリアの素、そして水を入れる。
  3. ※パエリアの素によって、水を足したり、足さなかったりと異なるので、事前に確認しておこう!

  4. パプリカは、事前にカットしておきましょう。
  5. 冷凍のえび、冷凍ムール貝、鶏肉、パプリカをダッチオーブンに加えます。
    この時に、出来るだけ見栄えを意識してキレイに並べましょう!
  6. いよいよフタをして、火にかけます。
  7. 火加減は中火でOK!(生の米の場合は、弱火でじっくりですが、レトルトごはんなので中火でOK)
  8. おおよそ15分程度で、鶏肉に火が通っていたら完成です。
  9. あとはお好みですが、塩コショウで味調整。

ワンポイントアドバイス

 
作るというよりは、食材を乗せるだけで簡単パエリアができます。もちろん、初級編としてご紹介させていただいたので、慣れてきたら、是非いちからオリジナリティー溢れるパエリアにチャレンジしてみてね^^

ですが、世の中は便利になって、今は最初から味付けされたパエリアの素が売っているので、利用しない手はありません(笑。
ダッチオーブンも圧力鍋と同じで時間短縮でいろんなものが作れるので、バーベキューでは大活躍。是非いろんなレシピで使ってみてくださいね。

▼この記事のライター情報

name : monobe ♀
comment : バーベキューやキャンプなどのレシピ記事だけじゃなく、ファッション関連の記事も書くライターです。特技は実はファッションコーディネートだったりします。個人でキッズ・レディース・メンズファッションのコーディネートも承っているのでよろしくデス。


こんな記事も人気です。