さっぱりボンゴレビアンコパスタ

あさりと白ワイン!旨味の強い食材を上手に使ってBBQの上級者向けおしゃれレシピを作りましょう♪

Photo Credit: easterndesignoffice

ボンゴレビアンコはあさりと白ワインで旨味を凝縮させたソースにパスタを絡めて頂くシンプルなお料理。BBQにはおすすめのおしゃれレシピですが、シンプルだからこそパスタの茹で時間の見極めやソースの塩加減が大切になる上級者向けの一品です。余裕を見せつつワインを片手に美味しいボンゴレを作れば一目置かれること間違いなし!

必要な材料(2人前)

  • パスタ(200g)
  • あさり(約300g)
  • オリーブオイル(大さじ2)
  • にんにく   ( 1片)
  • 塩      ( 適量)
  • 白ワイン (100cc)
  • パスタの茹で汁(おたま1杯)
  • 赤唐辛子    (1本)
  • イタリアンパセリ(適量)

材料コメント

BBQでおしゃれな一品を作ってみんなに喜んでもらいたい!
ボンゴレパスタを作るときに一番重要なのがあさりの砂抜き。これを怠ってはせっかくの外ごはんが一瞬にして台無しになります。
砂抜きの方法は、あさりが普段生活している環境を一晩作ってあげましょう^^
平たい容器にあさりを並べ、海水と同じ濃度の塩水(約3.5%)を入れその上にアルミホイルを被せて冷蔵庫で保存。暗くて静かな環境を整えます。

白ワインは辛口を選んでくださいね!
パスタはフェデリーニやリングイネなどのいつもより太めの種類を選ぶと旨味の強いあさりのソースを吸わせてさらに美味しくなり見た目もプロに近づきます♪パスタをソースに絡める時間を多くとるためアルデンテに茹でてくださいね。

スポンサーリンク

作り方

  1. 鍋に3Lのお湯を沸かし、30gの塩を入れてパスタを茹でる。
  2. にんにくは縦半分に切ってしんを取り除き、みじん切りにする。赤唐辛子はへたと種を取り除き、手で2つにちぎる。フライパンにオリーブオイルにんにく、赤唐辛子を入れてから弱火にかける。
  3. にんにくがきつね色になったら、あさり、白ワイン、パセリ大さじ2を加え中火にしてふたをし、2~3分、あさりの殻が開くまで蒸し煮にする。
  4. ふたを取り、塩、粗びき黒こしょう各少々をふって、煮汁が半分くらいになり、白っぽくなってくるまで煮つめる。
  5. パスタのゆで汁を4に足し手早く混ぜ乳化させた後、ゆでたてのパスタを加えてよく混ぜ合わせ塩で味をととのえる。器に盛り、細かく刻んだパセリをふって完成。

ワンポイントアドバイス

パスタを茹でるときは程よい塩味と旨味をつけるため1Lに対し10gの塩を入れてください。パスタがくっつかないようたっぷりのお湯で茹でることが大切です。

ソースはボンゴレの場合、あさりの塩気が強かったりすることがあるのででソースの味を見ながら塩やゆで汁で味を調整をしてください。

▼この記事のライター情報

name : ばべこ(ニックネーム) ♀
comment : BBQこと、『ばべこ』です!料理の修業を経て食に関するライター、レシピ開発をしています♪自然と食べることが大好きな私は、同時に楽しめるBBQの深みにハマり中です。森や川で過ごす時間は最高です。川のせせらぎ、木がそよぐ音、優しい陽射し。どれも心地よく包み込んでくれるような自然に感謝。その中でいただくお料理は、格別!!素材に感謝し今日も美味しくいただきまーす!!


こんな記事も人気です。