シングルバーナーを選び使いこなす

BBQにむいているシングルバーナーは。

軽量のシングルバーナーは実はバックパッカーやバイクツーリストの為にできたバーナーなんです。知らなかった~それは私だけか笑

Photo Credit: coleman

<カートリッジの違い>
カセットボンベ缶(CB缶)…入手しやすい、OD缶と比べると価格が安い。
アウトドア缶(OD缶)…ハイパワーな出力ができる構造、かさばらない。

<バーナータイプの違い>
一体型…カートリッジを基台とするので、バーナー本体がコンパクトなものが多い
分離型…バーナー本体やゴトクがガス缶から分離しているので、重いなべや大きめの鍋の調理に適している

Photo Credit: coleman

ハイパワー、軽量、コンパクトとシングルバーナーに必要な能力が備わっているアイテム。
安定感があり風防効果もある4本X字ゴトクは折り畳みで長さを変えられ、大きめのコッヘルにも対応します。

Photo Credit: amazon

“炎の総合メーカー”というキャッチコピーどおり、燃焼系アイテムに力を入れているブランド。初心者からベテランまで満足するシングルバーナー、ツーバーナーをリリースしています。

寒冷時でも連続使用でも安定した火力を持続する機能「マイクロレギュレーター」を搭載。
気温が低いときに火力が低下するカセットボンベ缶の弱点を解消しています。ファンの多いバーナーですが点火スイッチがつまみの下の奥にあり、やや押しづらいという意見もありました。ですが来年、それを解消する製品がリリース予定です!

1番使いやすい一般的なシングルバーナーは??

Photo Credit: .facebook.com/epigas

ザックに放り込んで気軽に持ち歩ける火器として人気が高いのが、
ガスバーナーとアルコールバーナー。

【ガスバーナー】
○用途に応じて種類が豊富・火力が強い・使いやすい・環境対応力も高め
×維持費かかる(ガス缶)・メンテが要る・重め

【アルコールバーナー】
○維持費が安い・軽い・メンテ楽・なんかかっこいい
×使うのにコツがいる・寒さと風に弱い・火力&維持力弱め

でそれぞれファンがいますが、
最初に買うなら気軽さで優るガスがおすすめかなあ。
ここではガスバーナーを中心にご紹介します。お気に入り詳細を見る
★ガスバーナーの選び方

1Lのお湯が沸くまでの時間が目安に便利。
ガスバーナーもたくさん種類がありますが、
ポイントになるのは

収納の小ささ ↔︎ 重量
   ↕︎
 出力の高さ ↔︎ 燃費
   ↕︎
ゴトク大きさ ↔︎ 耐風力

の関係性。

出力は火の強さ。出力の高いものの方がいろんな調理に向くし風にも強くなるけど、
ゴトクは大きくなるので収納サイズ・重量はUP。
火の維持にガスを食うので燃費も悪くなる。クルマと同じような原理です。

コーヒーと袋ラーメンができればOKか?
ごはんやカレーにトライしたいか?
用途を考えながら選ぶのがおすすめ。
今回はある程度の煮炊きに対応できる高火力でコンパクトなタイプを厳選。

また、普段ライターなどの火種を持ち歩くorもたないによって、オートイグナイター(ガスコンロのような、カチカチっと火花を散らしてガスに着火をする装置)のあるなしを考慮すべし。

これもBBQなのか?キャンプなのか?用途に応じて選ぶといろんな料理に使えます。
お好みで選ぶのが1番ですよね。

※たまにキャンプコーナーなど行くと楽しいものですよ。

 
 
 
 
▼この記事のライター情報

name : monobe ♀
comment : バーベキューやキャンプなどのレシピ記事だけじゃなく、ファッション関連の記事も書くライターです。特技は実はファッションコーディネートだったりします。個人でキッズ・レディース・メンズファッションのコーディネートも承っているのでよろしくデス。


こんな記事も人気です。