スパイス仕込みのトマトチキンカレー

カレールウを一切使わないスパイスで作るカレーは身体を気にする女子にはありがたい一品ですね。そとごはんで時間をかけてのんびり作るカレーは格別です♪

Photo Credit: thekitchn

一つのスパイスで新陳代謝を高めたり腸の働きを整えたりとたくさんの効果をもたらしてくれます。そんな医者いらずのスパイスを調合して野菜の水分だけで作るオールスパイスのカレーはルウとは一味違った味わいになりますよ。都会の喧騒から離れたアウトドアだからこそ時間をかけてじっくり野菜に火を通すレシピが心と体を癒してくれるかもしれませんね^^

必要な材料(4人前)

  • 鶏もも肉  (500g))
  • 玉ねぎ ( 3個)
  • トマト (3個)
  • オリーブオイル(炒め用) (大さじ2)
  • 塩( 小さじ2)
  • クミンパウダー (3g)
  • コリアンダー( 3g)
  • クローブ   (2g)
  • ガラムマサラ (2g)
  • カルダモン  ( 2g)
  • シナモン    (1g)
  • シナモンパウダー(適量)

材料コメント

辛味をきかせたいときはカイエンペッパーを加えて調整してください。
インドではその日の体調に合わせてスパイスを調合してしまうほど。医者いらずですね。カレールウも大変美味しいのですが、身体に気を使い始めてからオールスパイスのカレーを良く作るようになりました。玉ねぎの甘みとトマトの酸味が美味しくて病みつきになってしまいました。正直スパイスの配合はその日の気分次第ということもあります。一つのスパイスにたくさんの効果があるのでそれぞれ調べてみるのも楽しいですね。アウトドアでお出かけの際、自然に囲まれながら時間をかけてスパイスと向き合ってみるのもおすすめですよ♪

スポンサーリンク

作り方

  1. 玉ねぎは1mmスライス、鶏もも肉は一口サイズに、トマトは1cm角にカットする。
  2. ダッチオーブンを熱し、オリーブオイルを入れて玉ねぎがあめ色になるまで弱い火で1時間程度よく炒める。
  3. 鶏もも肉とスパイスを入れ、肉に火が通るぐらい5分ほど炒める。
  4. トマトと塩を入れてからさらに20~30分ぐらい煮込む。

ワンポイントアドバイス

ルウを使わない分しっかりと玉ねぎを炒めて甘みとコクを出していきましょう!弱火で焦がさないようにしっかりと炒めてくださいね。あめ色が大切です。

▼この記事のライター情報

name : ばべこ(ニックネーム) ♀
comment : BBQこと、『ばべこ』です!料理の修業を経て食に関するライター、レシピ開発をしています♪自然と食べることが大好きな私は、同時に楽しめるBBQの深みにハマり中です。森や川で過ごす時間は最高です。川のせせらぎ、木がそよぐ音、優しい陽射し。どれも心地よく包み込んでくれるような自然に感謝。その中でいただくお料理は、格別!!素材に感謝し今日も美味しくいただきまーす!!


こんな記事も人気です。