BBQダッチオーブンで作るとろとろビーフシチュー

BBQでじっくりことことレシピのご紹介です!
アウトドアでゆったり過ごしたい人におすすめの、ひと(人)手間かけてつくるあったか外ごはんです♪

Photo Credit: epicurious

今回は全体に火が行き渡るダッチオーブンを利用して野菜とお肉の旨味を
たっぷり引き出していくビーフシチューです!

市販のデミグラスソースや野菜ジュースを使って効率よく、なおかつ玉ねぎを使い分けプロ顔負けの一品に仕上げていきますよ〜。

煮込む時間を楽しんで♪

焦らずゆっくりと自然のときの流れに身を任せてみましょう!!

必要な材料(4人前)

  • 牛すね肉(500g)
  • 玉ねぎ(3個)
  • にんじん(1本)
  • じゃがいも(3個)
  • デミグラスソース(1缶)
  • 赤ワイン(1/2本)
  • バター(1/2本)
  • ローリエ(1枚)
  • 塩こしょう(適量)

材料コメント

BBQのお楽しみレシピの一つビーフシチュー♡

お肉と野菜を気持ち大きめに切ればごろごろ野菜とお肉のあの理想的なシチューに仕上がりますよ♪

もっともっとおしゃれに仕上げる場合は、ちっちゃな玉ねぎペコロスや、ちっちゃな半切りにした芽キャベツ、にんじんを細めに長く切ってソテーしたものを添えたりして盛りつけも楽しんでみてください^^

スポンサーリンク

作り方

  1. たまねぎ2個分は薄いスライスに、もう1個分はくし切りで6等分。にんじん1口大で乱切りにし、じゃがいも3等分に輪切り、肉は大きめの一口サイズにカットする。
  2. ダッチに油をひいて、よく熱したら、肉に焼き目つくまで炒め、いったん取り出す。薄くスライスした玉ねぎを時間をかけてゆっくりと飴色になるまで炒める。
  3. 次に6等分にした玉ねぎとにんじん、じゃがいもを炒める。たまねぎが透き通ってきたら、取り出したお肉、ワイン・野菜ジュース・ローリエを入れて煮る。
  4. 全体に火が通りあまりアクが出てこなくなったら最後にしっかりとアクをとり、デミグラス・バター・塩コショウを入れて蓋をし、1時間ほど煮込む。

ワンポイントアドバイス

アクはこまめにとるというのが常識でしたよね??
フレンチのプロは逆なんです!
アクはアクを集めるので、こまめにとってしまうとスープの中でバラバラになってしまって濁ってしまうんです。
具材に完全に火が通り、アクがしっかりとたまったら最後にとる。
というのが濁らない、透き通ったスープを作るコツなんですね。是非試してみてください^^

バターを入れるとコクが増しますので少しずつ入れながら味を調整してみてね!

デミグラスを入れると焦げやすくなるので、火を弱めに加減しながらこまめにかき混ぜてください。

外で食べるアツアツのビーフシチューは格別ですね♪

▼この記事のライター情報

name : ばべこ(ニックネーム) ♀
comment : BBQこと、『ばべこ』です!料理の修業を経て食に関するライター、レシピ開発をしています♪自然と食べることが大好きな私は、同時に楽しめるBBQの深みにハマり中です。森や川で過ごす時間は最高です。川のせせらぎ、木がそよぐ音、優しい陽射し。どれも心地よく包み込んでくれるような自然に感謝。その中でいただくお料理は、格別!!素材に感謝し今日も美味しくいただきまーす!!


こんな記事も人気です。