BBQ焼きトウモロコシは皮つきで『まっ黒!』が正解

バーベキューで欠かせない食材の一つといえばやっぱりとうもろこしではないでしょうか?炭火で焼いた香ばしくて甘いともろこしは大人から子供まで大人気。

Photo Credit:Simply Recipes

そんなトウモロコシをもっと本気に焼いてバーベキューのメイン食材になるほどの絶品とうもろこしを楽しんでみませんか?
バーベキューで絶対美味しくなるトウモロコシの焼き方をご紹介いたします。

ボイルトウモロコシなら、皮なしで焼き目付くくらいでOKだが、生のとうもろこしをは、皮つきで焼いて蒸さないと、火が通らずに固いのです。
知っていましたか?

皮ごとまるごと焼くのが正しい焼き方なんですよ。皮を真っ黒になるくらい焼くと中までしっかり蒸されて甘みも封じ込められます。
失敗もないので試しにまるごと焼いてみてください。

必要な材料(4人前)

  • とうもろこし(4本)
  • 醤油(適量)

材料コメント

皮のついたとうもろこしを買ってきましょう。
ボイルしてあるものを買ってくる方が簡単ですが生のとうもろこしの味には勝てません。

味付けしなくても失敗なくおいしく焼ける。そのままとうもろこしを焼くシーンがあるかと思いますが、バーベキューの網の上で直接焼くと火が通りませんよ。

いつまでたっても食べられない。確実に失敗しないおいしいとうもろこしの焼き方。覚えておきましょうね。笑

スポンサーリンク

作り方

一番簡単な作り方をご紹介しますね。

  1. 皮のついたとうもろこしを用意。
  2. 火加減は強火じゃないほうがいいです。
  3. 皮がついたままバーベキューの網にのせましょう。
  4. 皮が真っ黒になるまで転がしながら焼きます。
  5. 10分~15分で火が通ります。
  6. あとは皮をむいてかぶりついてください。笑

ワンポイントアドバイス

今まではバーベキューでとうもろこしを買ってそのまま切って焼いても、中々焼けなくて困っていたたちも、この焼き方さえマスターすると、
失敗なく焼くことができますよね。

もし、とうもろこしを焼きすぎて余ったら、サラダやスープにとうもろこしを入れて食べてもおいしいので色々試してくださいね。

▼この記事のライター情報

name : monobe ♀
comment : バーベキューやキャンプなどのレシピ記事だけじゃなく、ファッション関連の記事も書くライターです。特技は実はファッションコーディネートだったりします。個人でキッズ・レディース・メンズファッションのコーディネートも承っているのでよろしくデス。


こんな記事も人気です。